医者

エイズ検査で自分の体や命を守る~ストップ病気進行~

重症化しない内に治す

看護師

性病の種類は様々ありますが、日本で最も感染者が多いのはクラミジアです。クラミジアは、性器に発症するだけではなく、喉に発症する可能性もあります。ですから、性行為だけではなく、オーラルセックスでもクラミジアに感染する恐れがあるので注意がしたほうが良いです。クラミジアに感染しても、ほとんどの人が症状を感じないので、知らない間に感染を広げていたり、病気が進行していたりするのです。クラミジアを早く治療しないと、他の性病に感染しやすくなるので、症状がないからといって放置するのは止めたほうが良いです。クラミジアを放置しておくと、女性の場合、卵管炎の原因となってしまい、子宮外妊娠や不妊症になることもあります。男性の場合は、前立腺炎、血精液症になることがあります。初期や中期のときには、症状がない場合でも、進行すると取り返しのつかないことになってしまうのです。

クラミジアを早期発見するためには、検査をする必要があります。医療機関で検査を受ける場合、男性は尿検査を行ない感染状態を確認します。女性は子宮頚管の分泌分を採取して検査を行ないます。性病の検査に抵抗を感じている人はとても多いですが、早期発見をして早期治療をすることで、症状を悪化させずに治すことができます。また、検査をするなら、カップルで行ったほうが良いです。どちらかがクラミジアを治したとしても、どちらかが感染している状態だと、いつまでも完治することができないからです。2人で話し合って、しっかりクラミジアを検査してみると良いでしょう。医療機関で検査をするのが恥ずかしいと感じるなら、検査キットを使って、自分で尿や分泌物を採取するという方法もあります。